面接対策:給与の話はどう切り出したらいいか?

給与の話は応募者から切り出さないのが基本

給与の額は、転職先の条件のなかでももっとも気になることのひとつでしょう。

しかし、面接で自ら率先して給与の話を持ち出すのはNGです。面接官に「この人は、条件だけで転職先を選んでいるのでは?」と疑われてしまうからです。

給与などの条件面については、応募者が敢えて切り出さなくても、内定が出るまでのどこかの過程で、企業側が確認するのが一般的です。もし最後まで給与の話が出なかったら、内定後に確認をとりましょう(このとき、給与の額に折り合いがつかなければ、内定を辞退、または交渉すればいいのです)。

企業によっては、最終面接の終盤などに、面接官が「給与はどれくらいを希望しますか?」と聞く場合があります。基本的には、「前職と同額くらいを希望します」と答えるのが無難です。

といっても、給与の額は、業界によっても大きく異なります。「具体的な数字を言うと、それを理由に落とされてしまうのでは?」と不安に思う場合は、「御社の規定に従います」などと言う、あるいは逆に「御社では、私ぐらいの年齢と経験の社員の方は、いくらぐらいですか?」と聞く方法もあります。

給与の額は、求人情報のなかにある「給与例」がありますが、これは同じ会社の社員のなかでも「とくによい例を載せている場合もありますので注意が必要です。

 

藤井佐和子著 これで採用!!転職面接完全サポートブック

参考:転職の面接でよくある質問